塩原勝美がリリースする
月刊マガジン


s/magazineは、
 selectされた知人・友人に
 specialな情報を
 surveyしてお届けします
 
  2008年2月号  今月の花「なのはな」  花言葉 活発 豊かさ 財産  
 2007年
バックナンバー 5月号 バックナンバー  8月号 バックナンバー  11月号
バックナンバー 6月号 バックナンバー  9月号 バックナンバー  12月号
バックナンバー 7月号 バックナンバー  10月号
 2008年
バックナンバー  1月号

四季折々


冬の木立は静まりかえっています。まるで冬眠しているようです。
 サザンカが色彩の無い庭にせめてもの救いとして赤い花を咲かせております。

 休日にDIYの植栽コーナーに出向き、清楚な黄色の花をつけた小ぶりの蝋梅(ロウバイ)を買い求めました。日当たりのよい庭の端に植え、花の少ない季節によき香りと共に少しですが色どりを添えたいと思いました。
 人に貴方の趣味は?と問われたら「庭木いじり」と答えて久しいですが、我流の小さな庭づくりは進められていきます。
 



昨年の夏が酷暑だったので、この冬の寒さはかなり厳しく感じます。21日の大寒の前に「寒中見舞」を出しましたが今年は「厳冬」と書いていて正解でした。
 友人のなかで同年代の人との会話で、それぞれの子供の頃の田舎の冬の寒さや風の冷たさ、
その当時の防寒具、暖房器具のお粗末さなど、からだで感じ身に沁みた話題は続きます。

 冬の寒さは、過ぎ去りし昔を思い起こさせる何かをもっているのかも知れません。


あの日あのとき


 1971年 (昭和46年) に企画・デザイン・印刷・広告の現在のコミュニケーション・メディア事業部 (旧株式会社ナショナルプレス)を創業。それ以来根っからの「仕事人間」と自認する私自身が、人生の朱夏というべき30代に身も心も限りなく燃えた感のある10年間に記された私と企業の心象風景とも言える記録があります。
この記録は小冊子
私の120ヵ月「ロマンと算盤と」に纏められております。
 時代の変革と共に事業スタイルが大きく変化している現在でもこの頃に身をもって学んだこと、感じたことが私の経営の姿勢の根幹になっています。過ぎ去りし「あの日あのとき」に何を思い考えていたかの心象風景です。

 千代の富士と「勢い」    1981年(56年) 2月

 
 大相撲初場所で千代の富士が初優勝を飾りました。
 新旧去就の激しい角界の今後のスターの器に足る大活躍で、ファンを魅了し、見た人に大きな満足を与えました。
 相撲に限らず勝負の世界では、何ごとも実力のみと解釈していましたが、この「勢い」と云う形容し難いものの大切さを、今回至近に、そして強烈に見せつけられた時、何か迸る新鮮な感動を覚えました。
 推して私共の業界において、お得意様に徒らに阿ることなく、日常の仕事への真摯な取組み方、心からのサービスの継続等が自ずと弊社のファンをつくり、結果的に実力と魅力を兼備えた会社としての格が出来て来るのだと思っています。
 「勢い」のある身の処し方、「勢い」を失わない努力を如何にしていくか。「人生、己以外みな師」とするならば、千代の富士の今後は、なお一層興味あるものと
なって来ると思っております。

若い起業家へのメッセージ


 私はサラリーマンのとき、起業したとき、そして現在、この間40余年は千代田区神田で活動して来ました。いわば神田は「第2のふるさと」だと思っています。そしてこのまちをこよなく愛し、より活性化させるためには、この地で新たな起業家を生み育てていく必要があると日頃より考えて努めております。
これらの方々へ私が永年の実践と、さまざまな経験をもとに学んだ、経営実学のメッセージを毎月贈り続けております。
 今月のテーマは「正確な人名簿でなければ武器にならない」です。

                       http://www.aki-kan.jp 「起業アドバイザー便り」へリンク

斜視寸言


政治家のバラエティー番組への出演 
 某新聞の高校生の投書欄にTVのバラエティー番組に現役の政治家が出演し、政治以外のテーマでタレントたちと愚にもつかないトークなどしているのは疑問であるとあった。
 私の知るところでは「政務で多忙だ」とのことで、よく会合を中座したりして「本当かいな?」と疑ってきたが、未成年で選挙権もない高校生の目にも政治家とはこの程度のレベルと認知されるTVのバラエティー番組への出演で、「わが国の民度はこんなもの」と他に知らしめるのはあまり得策ではないのではないか。特に金正日の支配する国などからは初めから嘗められてしまっている。友人曰く「なさけないけどしょうがない。何故ならば、政治家は我々が選挙で選んでいることになっている」と。

サブプライムローン
 Sマガジン12月号 斜視一言でふれているとおり、年初より米国のサブプライムローン問題で世界経済、特に株価・金融市場が深刻な場面に直面している。
 改めて昨年の9月13日 日経新聞の竹森氏の記事を読み直してみてサブプライムローンの複雑怪奇な組成、特に ➀融資する金融機関 ➁連邦政府の監督の規制の有無 ➂証券会社 ➃格付け機関 ➄政治の対応 など今から思えばタイミングが悪すぎた感が根本的な問題として存在したようである。根は深く、波及は誰もどこの国も避けて通られないような感じがしてならない。

読・鑑・視   最近読んだ本、展覧会、映画などのガイドと感想


「大学2年で社長になるということ」
           星野希 著   ダイヤモンド社 刊


 今は起業ブームという。「期間限定起業」という新しいキャリアの作り方。
 私の時代の必死の覚悟、背水の陣の起業イメージなど全然およびでない学生起業。
 新しい時代にはその時代にふさわしい起業のスタイルがある。


「ブランド不動産会社」宣言 ―― 成功する独立開業法

          加瀬恵子 著   週間住宅新聞社 刊
  東京・表参道で創業、短期間で高級不動産仲介会社として高い認知度を得た「大手」
 「地域密着型」とも違う新しいスタイルの不動産会社をどう作って来たか。
  
いつの世も「切り口」「ビジネスモデル」「ブランドづくり」が強味を発揮する。

・ 映画「アース」

  地球が壊れつつある――そのため環境保護の大切さを動物の生存競争を通して訴えて
  いる。地球に存在する「種」の激減を意識したら温暖化対策は「待った
なし」。
  それにしても過去に他の番組で見た映像が散見され興ざめ。


 映画「椿三十郎」

  
この映画を鑑て、かつての黒澤明監督、三船敏郎の主演である同名の映画の偉大さが
   わかった。この程度の新作映画づくりでは角川春樹氏の実力は?

TOPICS


このたび200511月よりスタートさせた秋葉原・神田地域の発展と充実のための企画のひとつである、秋葉原・神田地域ポータルサイト(http://www.aki-kan.jpの運営事業の内、トップページの「起業アドバイザー便り」として掲載していたものを取り纏め小冊子といたしました。
 私はサラリーマンのとき、起業したとき、そして現在、この間40余年は千代田区神田で活動して来ました。いわば神田は「第2のふるさと」だと思っています。そしてこのまちをこよなく愛し、より活性化させるためには、この地で新たな起業家を生み育てていく必要があると日頃より考えてまいりました。
 そしてその一端として、これらの方々の起業と経営実務の一助になればと考え、私の拙い実践とさまざまな経験から学んで来た、経営実学を基にしたメッセージをポータルサイト内に「起業アドバイザー便り」として毎月掲載してまいりました。この度同地域ポータルを従来より一層親しめ、有効なものとすべく全面変更を致すことになりましたのを機に小冊子として取り纏めました。
 ご興味があり購入希望の方は実費1,000円(送料共・切手可)にてお譲りいたします。メールにてお申し付け下さい。
  

2月の句 

無趣味では済まされぬ年令になりますので、我流で勉強してまいります
 元旦に墓参で前橋に帰省した折りの句です

    初参り 空地空室 からっ風

    ふるさと
    故郷
の 悲しきまちは 風のなか

    元旦や 寂れしまちの 墓参り

    
首すくめ 寂れしまちを 見渡せり


WEB GUIDE

・トップ・ビジネスサポート株式会社

                                 http://top-bs.co.jp

・秋葉原・神田地域ポータル

                              http://www.aki-kan.jp

・マンスリーマンション

         http://www.tokyo-monthly.com

・ゲストハウス

   http://www.b-mansion.com/guesthouse

・東京神田ロータリークラブ (1998.12 入会)

                    http://www.tokyo-kanda-rc.jp

・東京商工会議所千代田支部 (評議員)

                           http://www.tokyo-cci.or.jp/                  


トップ・ビジネスサポート株式会社  〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-3 第1KSビル
Phone:03-3253-2782 Fax:03-3253-9526 URL:http://www.top-bs.co.jp  E-mail:info@top-bs.co.jp