bar04_solid1x1_gray_1.gifbar04_solid1x1_gray.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


                 トップ・ビジネスサポート株式会社    〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-3 第1KSビル
                        Phone:03-3253-2782 Fax:03-3253-9526  URL:http://www.top-bs.co.jp    E-mail:info@top-bs.co.jp

 

 

 

  

 s/magazineは、

 selectされた知人・友人に

 specialな情報を

 surveyしてお届けします

 

 塩原勝美がリリースする

 月刊マガジン

2007年5月号  今月の花「ハナミズキ」

 ・桜花の盛りが終わると私の好きな青葉若葉の季節になります。

私が5月生まれであることと関係なく、あの瑞々しい若芽をみると心まで洗われる思い

がいたします。またそれと同時に今まで冬の間眠っていた大地にあのように緑なすエネ

ルギーが秘められていたことに、改めて自然の営みの偉大さを教えられます。

 

・去る3月14日 () の夕方、私が主宰する「たんぽぽ・師友会」の例会でメンバー

9人と「秋葉原タウンウオッチングツァー」に参加しました。ビジネスパートナーの

株式会社クロスブリッジの2人のガイドによるアキバのまちの探検でした。アキバ名物

の「おでん缶」のベンディングの前で、営業効果の好さに皆さん脱帽。今さらながらア

キバの奥深さを感じました。

 

5月10日 ()~15日 () 神田祭が行なわれます。

    詳しくは  http://www.kandamyoujin.or.jp/ をご覧下さい。

四季折々

若い起業家への メッセージ

 

 

 1971年 (昭和46年) に企画・デザイン・印刷・広告の現在のコミュニケーション・メディア事業部 (旧株式会社ナショナルプレス)を創業、「仕事人間」と自認する私自身が、人生の朱夏というべき30代に身も心も限りなく燃えた感のある10年間の日付けの記された、私と企業の心象風景とも言える記録があります。この記録は小冊子 私の120ヵ月「ロマンと算盤と」に纏められております。

 時代の変革と共に事業スタイルが大きく変化している現在でもこの頃に学んだこと、感じたことが私の経営の姿勢の根幹になっています。過ぎ去りし「あの日あのとき」に何を思い考えていたかの心象風景です。

あの日あのとき

 

天地新たなり  1979(昭和54)  5

 

  雨あがりの雑地に、枯れていたと思しき樹木に突然のようについた鮮か

な新芽には、誰しも素直な感動をおぼえます。

  厳しい冬のあとの春のあらわれ。自然の偉大さ。それこそ「天地新た」

の感を深めます。

  若芽をのばし押上げる如く力溢れた会社づくり。若々しく溌剌とした社

員の言動。新緑を見て思い巡らす今日この頃です。五月は休日の多い月です。

頂きましたお仕事につきましては先手必勝の心がまえでたちむかいます。

 

  私はサラリーマン時代、起業した

とき、そして現在、この間40余

年は千代田区神田で活動していま

す。いわば神田は「第2のふるさ

と」だと思っています。そしてこ

のまちを活性化させるには、この

地で起業家を生み、育てていく必

要があると考えて努めております。

 これら現在、近日に独立・起業

のアントレプレナーのため私が実

践から学んだ経営実学のメッセー

ジを贈ります。

     http://www.aki-kan.jp

    「起業アドバイザー便り」

・「リクルートのDNA」― 起業家精神とは何か

                          江副浩正著 角川書店刊

 リクルートOBのビジネスチャンスの摑みかたと、それを成就

  するビジネスセンスの良さを学びました。

・「虚構」― 堀江と私とライブドア

                宮内亮治著 講談社刊

   人間が働き、仕事していく意味を再認識させられました。

 

読・鑑・視

 国会議員の事務所費に5万円以上は領収書を添付するか否かの論争で思うことがある。

亡くなった城山三郎氏は、人物評価の基軸は「その人物が清潔か卑しいか」とのこと。

現今の政治家としての国家、国民を考えての判断であれば領収書の添付など至極当然のこと。党利党略、私利私欲がその判断を誤らせている。

 この件につき、松下幸之助氏が生み育てた「松下政経塾」出身の政治家の声が聞こえないのは、彼等の政治を変える「志」が薄れてしまっているからなのか?

斜視一言

○去る4月10日付読売新聞に「アキバ・神田の活性化へ起業家奮闘」

と紹介記事が掲載されました。YOMIURI ONLINE で閲覧できます。 

  http://job.yomiuri.co.jp/news/special/ne_sp_07040901.cfm

〇()まちみらい千代田で企業紹介のための取材を受けました。

                         http://www.chibiz.jp  企業探訪

・トップ・ビジネスサポート株式会社

                                 http://top-bs.co.jp

・秋葉原・神田地域ポータル

                              http://www.aki-kan.jp

・マンスリーマンション

         http://www.b-mansion.com/

・ゲストハウス

   http://www.b-mansion.com/guesthouse

・東京神田ロータリークラブ (1998.12 入会)

                    http://www.tokyo-kanda-rc.jp/

・東京商工会議所千代田支部 (評議員)

                           http://www.tokyo-cci.or.jp/

TOPICS
WEB GUIDE